食育アドバイザーの資格が取れるおすすめ講座_ガイド
食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_詳細を見る

食育アドバイザーのおすすめスクールランキング

1

わずか3ヵ月で実践力が身に付く!長期間サポートで安心

資格のキャリカレ

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700
公式HPを見る

2

わかりやすいように配慮されたテキストが◎

ユーキャン

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

3

食の大切さに重きをおいた講座が好評

がくぶん

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

女子栄養大学

女子栄養大学の、食育アドバイザー系資格が取れる通信講座「栄養と料理講座」についてまとめています。受講者の口コミのほか、講座の基本情報も紹介。

女子栄養大学の講座の基本情報

名称 栄養と料理講座
目標資格 女子栄養大学 食生活指導士2級
費用 基礎コース:37,800円
専門職業コース:50,760円
専門料理コース:50,760円
治療食コース:43,200円
選択コース:1科目9,720円※要問合せ
学習期間 基礎コース:6ヶ月
専門職業コース:1年
専門料理コース:1年
治療食コース:8ヶ月
教材 テキスト
カード式レシピ集

女子栄養大学の講座の口コミ評判

栄養の大切さを妊婦さんに詳しく伝えるために受講
私は助産師をしていますが、妊婦さんの中には食事を作る習慣がない人や朝食を食べない人もいます。食事から摂れる栄養の大切さについて詳しく伝えたいと思い、講座を受けることにしたのです。先生からの「次回も頑張ってください」という励ましの言葉がモチベーション維持につながり無事に講座を終えることができました。

家族の健康を守るために一般講座を受けました
世の中にはさまざまな食事や栄養の情報が氾濫しています。確かな情報を得て、健康に良い食事を家族に作れるように受講を決意しました。通信講座で学んだ食品を栄養の特徴を4グループに分けた4群点数法を活用しており、日頃の食事で足りない栄養素を知って帳尻を合わせるようになりました。すると高かった中性脂肪の値が基準値に収まるようになって、学んだことが活かされていると実感。うれしいかぎりです。

80キロカロリーガイドブックが手放せません
私はパン作りが好きで教室を開いているほどです。美味しくて健康に良いパンを作るために、女子栄養大学の通信講座を受けました。通信講座のテキストである「80キロカロリーガイドブック」「食品成分表」が身体に優しいパン作りに役立ち、もう手放せません。受講中は、先生たちのテキスト添削が厳しくも優しくて学習の励みになりました。受講して本当に良かったです。

女子栄養大学は何位?食育アドバイザー系資格講座をランキング>>

女子栄養大学の講座の特徴

基礎コースをはじめ、管理栄養士の資格取得を目指す通信講座があります

女子栄養大学の食育に関する講座は、「栄養と料理講座」というものがあります。自宅で食事や栄養について学びたい人、仕事で忙しくてスクールに通えない人、食に関する指導をするうえで実力をつけたい人などのために、通信講座による個人指導を受けることが可能

食育について学べる一般講座(基礎コース)をはじめ、専門職業コース、専門料理コース、治療食コースの4つと、管理栄養士の資格取得を目指す通信講座がありますよ。講座を受講に関して、一般コースを初めに受けて、さらなるレベルアップを目指して専門職業コースへ進んでいく人も多いそうです。

分からないところがあれば、担当の先生に質問表で尋ねることができます

受講中は、女子栄養大学が開催するスクーリングに特別価格で参加することができ、大学内の図書館を利用することが可能。1人で通信講座を受け続けるのは孤独感がありますが、スクーリングに参加すれば同じ講座を受けている人と出会えるので、交友関係を広げて情報共有できますよ。

講座受講中の学習の流れとしては、課題を解いて先生に提出、丁寧な添削で評価がつけられて返されます。分からないところがあれば、担当の先生に質問表で尋ねることができますよ。すべての課題に合格した後は、終末試験を実施。終末試験に合格すれば修了証明が届いて受講修了となります。

食育について学べる「一般講座」(基礎コース)テキストについて

食の基本を学びたい方におすすめの一般講座のテキストについて、ご紹介します。一般講座では、平行して3冊のテキストで学びます。

  1. 『料理の基本』
    調理をする時の準備・調理器具の使い方・調味料について・食材の知識・食品の扱い方・食品表示の見方、などを学ぶテキストです。
  2. 『日常食の基本』
    揚げ物や焼き物、ご飯もの、煮物など約300種類の料理を掲載。調理実習の課題提出もあり、実践的な内容のテキストです。
  3. 『よい食事の計画』
    健康づくりには大切な、1日に必要な食品の種類や分量について学べます。日数ごとの食事計画や、食費などについて広く学ぶテキストです。

必須補助教材は4種類あります。

  1. 『食品成分表』(女性栄養大学出版部)
    食品における可食部100g中の栄養成分をまとめた一覧表。栄養成分だけでなく食品や調理についての資料も充実しています。
  2. 『食品80キロカロリーガイドブック』(女性栄養大学出版部)
    第1群から第4群まで、4つの食品群ごとに「食品80キロカロリー分の分量がひと目でわかる」、カラー写真によるガイドです。
  3. 『栄養と料理基本カード』(女子栄養大学生涯学習センター)
    192枚組のレシピ集。毎日の料理ですぐに役立ち、学びを実践的にサポート。
  4. 『軽量カップ・スプーン・ヘラセット』(香川綾・考案)
    軽量スプーンは塩分制限の方向けに考案されたオリジナルデザイン。熱や衝撃に強いポリカーボネート製、使いやすい5点セットです。

取得可能な資格の種類

価格と期間で選んだ
食育アドバイザーのおすすめ
スクールランキング

1

資格のキャリカレ

公式HPを見る

食育アドバイザー資格取得講座

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700

2

ユーキャン

公式HPを見る

食生活アドバイザー合格指導講座

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365

3

がくぶん

公式HPを見る

食育インストラクター養成講座

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド

食育アドバイザーのキホン知識

食育アドバイザー資格の活用方法

食育アドバイザー資格の種類まとめ

食育アドバイザーの通信講座一覧

知っておきたいマメ知識

食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_CHECK

Copyright (C)食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド All Rights Reserved.