食育アドバイザーの資格が取れるおすすめ講座_ガイド
食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_詳細を見る

食育アドバイザーのおすすめスクールランキング

1

わずか3ヵ月で実践力が身に付く!長期間サポートで安心

資格のキャリカレ

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700
公式HPを見る

2

わかりやすいように配慮されたテキストが◎

ユーキャン

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

3

食の大切さに重きをおいた講座が好評

がくぶん

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

家族の健康管理で活用

食育アドバイザーの資格は「食事に関する基本的な知識が備わっている」ことを意味します。資格取得後は健康アドバイザーになってセミナーを開いたり、小さな教室を開いたりと活躍の場はさまざまです。

嬉しいのは、普段の日常生活においても大活躍すること!大切な家族の健康管理に多いに役立ちます。ここでは、食育アドバイザーの資格が家庭においてどんなシーンで活かせるのかを紹介しています。

なぜ、日常生活で活用出来るのか。

食育に関する資格は、今後注目されるべき資格です。「食育」と聞くと、どうしても子どもたちに向けての活動に思えます。しかし、食育は子どもだけではありません。食事は人間が生きていく上で必要不可欠な活動です。しかも、年齢によって食事内容が変化していきますよね。子どもと大人では食事内容が違ってきますし、気をつけるべきことも変わります。

食育アドバイザーの知識が備わると、全世代に関する「職への知識」が身につきます。結果として、どんな世代に対しても、「食」へのアドバイスが可能になります。家族は、同世代ではなく様々な世代と食事をすることになるので、食育アドバイザーの資格が活用されることになります。「食育」は、全世代に対応するものなので、家庭に取り入れることでたくさんのメリットがあります。

取り入れることで具体的にはどんなメリットがあるの?

食育アドバイザーの資格を家庭で応用した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

じつは、様々な点においてメリットがあると考えられます。「今の家族の食へのあり方に不満がある」

「家族の団結力がバラバラになっている」と不安に感じている人は、食育アドバイザーの知識を活かして改善を図ることができるかもしれません。それでは、具体的にどのようなメリットがあるのか1つずつ細かくみていきましょう。

1、家族の団らん時間が増える

食育アドバイザーの資格を取ると、「食事の時間の大切さ」をしっかり考えるようになります。

その中で重要な時間なのが、家族の団らんです。最近では、一緒に食事を家族で取る人たちが少なくなっています。どのようにすれば、一緒に食事を取る時間を確保することができるのか?そのためには、何をしたら良いのかを提案することが可能になります。もちろん、資格がなくても意識をすれば機会を設けることは可能かもしれません。しかし、資格を持っているからこそ、家族団らんの時間をどのようにすれば家族のコミュニケーション手段としてうまく出来るかを効果的に行うことができます。

2、1人暮らしをする子どもの食生活を改善できる

子どもが大きくなると、家を離れて1人暮らしor新しい家庭を持つようになるでしょう。1人暮らしではどうしても食生活が偏ってしまいます。栄養不足に陥ることもあります。栄養をしっかり取らないと日常生活にも大きく影響が生じてしまうので気をつけたいところ。

普通の家庭に育った人は、「食」に対する意識が低いので、食生活が崩れがちです。

しかし、家庭で食育アドバイザーとしてしっかりアドバイスをしていれば、子どもが持っている食生活への意識が変化することが期待されます。

また、現在1人暮らしをしている子どもに対して、どのような食生活をすべきか的確なアドバイスを行うことができます。それによって、健康的で暮らすことが出来るので、「食」によって家族の健康を守ることが出来ます。

3、家族の健康状態を改善できる

食生活をしっかり改善することで、日常的にかかりやすい病気を防ぐことが出来ます。

例えば、夏になると食欲が落ちやすく、夏バテになりやすい人もいると思います。そんな人が家族にいた場合、どのような食生活にすれば夏バテを防ぐことが出来るか、提案することが出来ます。

冬であれば、風邪が流行しますよね。風邪の予防になる食事方法だって提案出来ます。

また、家族でダイエットをしようとしている人がいれば、体に負荷をかけず、健康的に痩せる方法を提案することも可能です。家族の様々な面で食育アドバイザーの資格を持っていれば、的確なアドバイスを行うことが出来るので、是非資格を取得したら、家族に向けて実践をしていきたいところですよね。

4、食への考え方が変わる

食育アドバイザーの資格を持っていることで、食への考え方が大きく変わります。

外食の頻度から、スーパーで買って良い食材、あまりオススメ出来ない食品など様々な「食」への考え方が変わります。考え方が変わることで、自然と食生活が大きく変わることが期待されます。人によっては、体質が大幅に改善されるかもしれませんね。

このように、資格を取得するとメリットが多く、家族に対する接し方も大きく変化していきます。

それでは、次の項目では実践的な目線で活用ポイントを紹介していきましょう。

食育の資格を家族の健康管理に活用できるポイントって?

バランスのとれた栄養たっぷりの食事は、家族の健康管理に大きく影響します。まずは3つの基本的なポイントをご紹介。食育アドバイザーの資格取得で自然に身に付くポイントをまとめました。

家族の健康を維持する「献立の工夫」

栄養バランスが良い食事とは、主食・主菜・副菜の3つをきちんと揃えること。たとえば主食にご飯、主菜に魚または肉料理、副菜を野菜や海藻が入った味噌汁にすると、炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルの栄養5元素を1度に摂れます。バランスの良い献立を考え、健康維持へとつなげることができるでしょう。

また、栄養バランスだけではありません。献立の立て方も大きく変化していくことが期待されます。

1週間の献立を栄養面から考えることになるので、偏ったメニューではなく健康的なものへと変化します。

さらに、弁当を作るのであれば、冷めても美味しくできるものや、弁当に入れると見栄えが良くなる方法など、細かい部分にも気を配ることが出来るようになります。

献立の工夫は、食育アドバイザーの腕のみせどころでもあるので、是非積極的に知識を活かしておきたい場所の1つですよね。

食材が持つ栄養を十分に摂取できる「調理方法」

食材が含む栄養を効率的に摂るためには、調理の方法を工夫する必要があります。調理方法によっては、せっかく含まれている栄養素を失ってしまうものもあります。また、組み合わせることで、更に効果的なメニューとして提案することもできます。

たとえば、人参やかぼちゃなどカロテンを含む緑黄色野菜は炒めることでビタミンAの吸収率がアップ。ナスやほうれん草はオーブン調理すれば抗酸化物質の量が増えます。ほかにも、キャベツやパセリは生のまま、大根やカブはすりおろすなど、それぞれに適した調理法が身に付きますよ。

食材ごとの調理方法がわかれば、調理のバリエーションが増えるだけではありません。食材の良さをさらに引き出す調理方法にすることで、おいしい料理がたくさん作れるようになります。料理のバリエーションを増やすためにも、食育アドバイザーで取得した知識を調理方法で発揮すると良いでしょう。

添加物は避ける!基本は「手作り」

加工食品やお菓子に含まれている添加物は、食品の美味しさアップや保存をしやすくするために使われるもの。私たちが普段、市場で目にする加工食品には、ほぼ添加物が含まれています。安全性が確認されているとはいえ、添加物の摂り過ぎはNG。素材本来の味を感じられなくなる可能性があります。季節に合わせた旬の食材を使って、なるべく手作りを心がければ、家族を健康に導くことができるでしょう。

食育の資格は子育てでも見せ所アリ!

食育は、子どもの健康やしつけにも良い影響を与えます。カリフォルニア州立大学と新潟大学の研究者からは「家族と食卓を囲む日本の食事子どもに健康をもたらしているのではないか」という報告があがったほど。資格を持っていれば、子どもにきちんとした教育ができる可能性はさらに高くなるでしょう。

ここでは、食育の資格が具体的にどのように子育てに活かせるのかを紹介します。お子さんの教育と健康のために、ぜひお役立てください。

1日3食は基本中の基本!規則正しい食生活を身につけてもらう

食育は幼少期のうちから始めるのが良いと言われています。そもそも食育とは「食を通して生きる力を育てること」を意味するもの。生きていくのに必要不可欠な「食」だからこそ、その大切さや知識は幼いころから学ぶべきなのです。

まずは3食しっかり食べる習慣をつけ、「これが規則正しい食生活」ということを意識づけることが大切。人間には1日に必要なエネルギー量が決まっているので、3度の食事を通してきちんとエネルギーを補給しなければいけません。資格を取得することにより、規則正しい食生活を教えられます。

もちろん、小さい頃から教育することができればベストですが、そうではない人もいるでしょう。

特に1人暮らしをしている学生を子どもにもつ家庭であれば、1人暮らしで規則正しい食生活をする意味について、解説してあげると効果的です。

マナーや正しい所作を教えることで楽しい食事時間に

資格取得で得た知識をもとに、基本的な所作やマナーを教えることができます。食事のマナーといえば、食事はみんなが揃ってから始める、「いただきます、ごちそうさま」のあいさつ、音を立てない、食事中は席を立たない…など。食事は相手とのコミュニケーションも兼ねるので、きちんとしたマナーを身につけて、楽しい時間をつくることが大切です。

お皿や箸の持ち方などの所作を教えることはもちろん、食べ物に対する感謝の気持ちを持つこともきちんと教えましょう。「いただきます、ごちそうさま」と食事に対する感謝を言葉にすることは、日本の誇れる習慣のひとつといえるのです。

また、テーブルマナーを身につけるために、フランス料理といった普段食べ慣れてない料理を食べさすことも大切です。特にフランス料理のテーブルマナーでは、大人になると恥をかくことがあります。誰も教えてくれず、自分で学ぶ必要があるので、小さい頃に教えておくと良いでしょう。

小さい頃に身についた知識は、大人になっても活かすことが出来るので、是非食事を楽しく取る方法の1つとして、外食を定期的に活用することも良いでしょう。

料理を作らなくても、「食育」を出来るのはこの資格の良い部分であると言えます。

食育に欠かせない「お手伝い」

「お手伝い」もまた食育のひとつに含まれます。食器を用意したり簡単な調理を一緒に行ったりすることで、食に対する意識が少しずつ変わってくるでしょう。子ども自身も、自分が手伝って出来上がった料理は特別に感じるはずです。お手伝いを通して、食事をつくることの楽しさだけでなく大変さを学べる良いきっかけになります。調理器具や火の扱いが伴う場合は、単に取り上げる、使わせないなどの対応をとるのではなく、危険である旨を十分に伝えたうえで、正しい使用方法を丁寧に伝えましょう。資格を取ることによって、お手伝いや食事をつくる楽しさ・大変さを教えることができます。

子どもが大きくなっていくにつれて、お手伝いの内容も段階をあげていくと良いでしょう。最初は、切る、洗うといった単純なものでも、小学生高学年くらいから料理の作り方を正しく教えてあげれば、子供にとっても大きなプラスへとつながります。

「食育アドバイザー」で身につけた知識を、子どもに楽しく学んで身につけてもらうために「お手伝い」はとっても有効な方法であると言えるでしょう。

薬膳の知識が家族にとって大きな助けとなる

食育資格の中には取得するために、薬膳の知識も必要です。薬膳とは、中国伝統医学をベースにつくられた健康的な食事のこと。食材が持っている作用を活かした健康法のひとつです。

たとえば、高麗人参には中性脂肪やコレステロールを下げ、生活習慣病の予防になります。ほかにも、黒ごまは造血作用があるので貧血の改善や予防に。黒豆に含まれる大豆ペプチドは疲労回復効果、シナモンは抗菌作用があるので風邪の予防に…などさまざまな知識が身に付きます。

得た知識は、家庭においてすぐに役立てることができます。体調不良の改善、生活習慣病の予防、肌荒れ対策などさまざまな場面で大きな助けとなるでしょう。

薬膳料理というと、あまりおいしくないイメージがあるかもしれませんが、調理方法を研究したり、最新の情報を取り入れることでおいしい薬膳料理を作ることが出来ます。そのためにも、食育アドバイザーで培ってきた知識が生かされるので、是非取得したら実践してみたいですよね。

まとめ

このように、食育アドバイザーで培った知識は、家庭で十分に発揮することが期待出来ます。資格をとって、仕事に活かすことも大切ですが、家族のために資格取得を目指すことも良いでしょう。

この資格は、ずっと知識を活かすことが出来るものなので、家庭の食について見つめ直そうと考えている人は、取得しても良いかもしれませんね。

価格と期間で選んだ
食育アドバイザーのおすすめ
スクールランキング

1

資格のキャリカレ

公式HPを見る

食育アドバイザー資格取得講座

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700

2

ユーキャン

公式HPを見る

食生活アドバイザー合格指導講座

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365

3

がくぶん

公式HPを見る

食育インストラクター養成講座

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド

食育アドバイザーのキホン知識

食育アドバイザー資格の活用方法

食育アドバイザー資格の種類まとめ

食育アドバイザーの通信講座一覧

知っておきたいマメ知識

食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_CHECK

Copyright (C)食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド All Rights Reserved.