食育アドバイザーの資格が取れるおすすめ講座_ガイド
食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_詳細を見る

食育アドバイザーのおすすめスクールランキング

1

わずか3ヵ月で実践力が身に付く!長期間サポートで安心

資格のキャリカレ

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700
公式HPを見る

2

わかりやすいように配慮されたテキストが◎

ユーキャン

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

3

食の大切さに重きをおいた講座が好評

がくぶん

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

家族の健康管理で活用

食育アドバイザーの資格は「食事に関する基本的な知識が備わっている」ことを意味します。資格取得後は健康アドバイザーになってセミナーを開いたり、小さな教室を開いたりと活躍の場はさまざまです。

嬉しいのは、普段の日常生活においても大活躍すること!大切な家族の健康管理に多いに役立ちます。ここでは、食育アドバイザーの資格が家庭においてどんなシーンで活かせるのかを紹介しています。

食育の資格を家族の健康管理に活用できるポイントって?

バランスのとれた栄養たっぷりの食事は、家族の健康管理に大きく影響します。まずは3つの基本的なポイントをご紹介。食育アドバイザーの資格取得で自然に身に付くポイントをまとめました。

家族の健康を維持する「献立の工夫」

栄養バランスが良い食事とは、主食・主菜・副菜の3つをきちんと揃えること。たとえば主食にご飯、主菜に魚または肉料理、副菜を野菜や海藻が入った味噌汁にすると、炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルの栄養5元素を1度に摂れます。バランスの良い献立を考え、健康維持へとつなげることができるでしょう。

食材が持つ栄養を十分に摂取できる「調理方法」

食材が含む栄養を効率的に摂るためには、調理の方法を工夫する必要があります。たとえば、人参やかぼちゃなどカロテンを含む緑黄色野菜は炒めることでビタミンAの吸収率がアップ。ナスやほうれん草はオーブン調理すれば抗酸化物質の量が増えます。ほかにも、キャベツやパセリは生のまま、大根やカブはすりおろすなど、それぞれに適した調理法が身に付きますよ。

添加物は避ける!基本は「手作り」

加工食品やお菓子に含まれている添加物は、食品の美味しさアップや保存をしやすくするために使われるもの。私たちが普段、市場で目にする加工食品には、ほぼ添加物が含まれています。安全性が確認されているとはいえ、添加物の摂り過ぎはNG。素材本来の味を感じられなくなる可能性があります。季節に合わせた旬の食材を使って、なるべく手作りを心がければ、家族を健康に導くことができるでしょう。

食育の資格は子育てでも見せ所アリ!

食育は、子どもの健康やしつけにも良い影響を与えます。カリフォルニア州立大学と新潟大学の研究者からは「家族と食卓を囲む日本の食事子どもに健康をもたらしているのではないか」という報告があがったほど。資格を持っていれば、子どもにきちんとした教育ができる可能性はさらに高くなるでしょう。

ここでは、食育の資格が具体的にどのように子育てに活かせるのかを紹介します。お子さんの教育と健康のために、ぜひお役立てください。

1日3食は基本中の基本!規則正しい食生活を身につけてもらう

食育は幼少期のうちから始めるのが良いと言われています。そもそも食育とは「食を通して生きる力を育てること」を意味するもの。生きていくのに必要不可欠な「食」だからこそ、その大切さや知識は幼いころから学ぶべきなのです。

まずは3食しっかり食べる習慣をつけ、「これが規則正しい食生活」ということを意識づけることが大切。人間には1日に必要なエネルギー量が決まっているので、3度の食事を通してきちんとエネルギーを補給しなければいけません。資格を取得することにより、規則正しい食生活を教えられます。

マナーや正しい所作を教えることで楽しい食事時間に

資格取得で得た知識をもとに、基本的な所作やマナーを教えることができます。食事のマナーといえば、食事はみんなが揃ってから始める、「いただきます、ごちそうさま」のあいさつ、音を立てない、食事中は席を立たない…など。食事は相手とのコミュニケーションも兼ねるので、きちんとしたマナーを身につけて、楽しい時間をつくることが大切です。

お皿や箸の持ち方などの所作を教えることはもちろん、食べ物に対する感謝の気持ちを持つこともきちんと教えましょう。「いただきます、ごちそうさま」と食事に対する感謝を言葉にすることは、日本の誇れる習慣のひとつといえるのです。

食育に欠かせない「お手伝い」

「お手伝い」もまた食育のひとつに含まれます。食器を用意したり簡単な調理を一緒に行ったりすることで、食に対する意識が少しずつ変わってくるでしょう。子ども自身も、自分が手伝って出来上がった料理は特別に感じるはずです。お手伝いを通して、食事をつくることの楽しさだけでなく大変さを学べる良いきっかけになります。調理器具や火の扱いが伴う場合は、単に取り上げる、使わせないなどの対応をとるのではなく、危険である旨を十分に伝えたうえで、正しい使用方法を丁寧に伝えましょう。資格を取ることによって、お手伝いや食事をつくる楽しさ・大変さを教えることができます。

薬膳の知識が家族にとって大きな助けとなる

食育資格の中には取得するために、薬膳の知識も必要です。薬膳とは、中国伝統医学をベースにつくられた健康的な食事のこと。食材が持っている作用を活かした健康法のひとつです。

たとえば、高麗人参には中性脂肪やコレステロールを下げ、生活習慣病の予防になります。ほかにも、黒ごまは造血作用があるので貧血の改善や予防に。黒豆に含まれる大豆ペプチドは疲労回復効果、シナモンは抗菌作用があるので風邪の予防に…などさまざまな知識が身に付きます。

得た知識は、家庭においてすぐに役立てることができます。体調不良の改善、生活習慣病の予防、肌荒れ対策などさまざまな場面で大きな助けとなるでしょう。

価格と期間で選んだ
食育アドバイザーのおすすめ
スクールランキング

1

資格のキャリカレ

公式HPを見る

食育アドバイザー資格取得講座

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700

2

ユーキャン

公式HPを見る

食生活アドバイザー合格指導講座

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365

3

がくぶん

公式HPを見る

食育インストラクター養成講座

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド

食育アドバイザーのキホン知識

食育アドバイザー資格の活用方法

食育アドバイザー資格の種類まとめ

食育アドバイザーの通信講座一覧

知っておきたいマメ知識

食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_CHECK

Copyright (C)食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド All Rights Reserved.