食育アドバイザーの資格が取れるおすすめ講座_ガイド
食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_詳細を見る

食育アドバイザーのおすすめスクールランキング

1

わずか3ヵ月で実践力が身に付く!長期間サポートで安心

資格のキャリカレ

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700
公式HPを見る

2

わかりやすいように配慮されたテキストが◎

ユーキャン

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

3

食の大切さに重きをおいた講座が好評

がくぶん

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

食文化・食事マナー

日本の食文化は昔と大きく変わっています。その中でも食事のマナーや、食事に関する感謝の気持ちは忘れずにいたいものです。こちらでは、変わりゆく日本の食文化とともに食事のマナーの必要性について紹介しています。

変わりゆく日本の食文化と食育

日本の食文化は今、大きな変化を迎えています。家で料理をつくる機会が減り、外食や惣菜の購入、ファーストフードの利用などに頼る家庭が増えているのです。日本料理がアメリカをはじめとした海外にも進出するようになった今、改めて日本の食文化を見直す必要があるのではないでしょうか。

世界に広がる日本料理の姿

現在、世界では日本料理がブームになっています。ニューヨークでは700~800件の日本料理屋が集中しているのだそう。しかし、寿司の上にワサビではなくタバスコを乗せたり、料理の脂分が多かったりと、本来の日本料理とは違う仕上がりになっているそうです。また、それを現地の住民は「日本と同じ料理」だと思っている方が多くいます。

日本独自の作法とハレの日

和食には独自の作法があります。「いただきます」で始まり「ごちそうさま」で終わる中でも箸の持ち方やお椀の扱い方、「移り箸」や「涙箸」など細かな作法があります。食事も主食・おかず・汁物をバランスよく食べる「三角食べ」が小学校の給食で教えられてきました。

ハレの日の食事は、めでたい掛け軸を床の間にかけたり季節の花を活けたりして、料理以外に器や空間でも祝い事を表現する工夫を凝らしています。

日本料理を正しく継承していくためには

日本で継承されている料理を海外でも伝えるためには、まず日本で和食を後世にまで残す必要があります。その文化を絶やさず、正しい状態で外国まで広めることが必要になっているのではないでしょうか。そのためにも、食育を通しておもてなしの心を学び、伝えていく必要があります。

食事のマナーは感謝の気持ちを持って

食育は難しいものではありません。普段行っている食事のマナーを守ることだけでも食育になります。しかし、いくら食事のマナーを守っても、それにとらわれてしまって食事の時間が苦手になってしまっては意味がありません。楽しく食べるために必要なマナーが食育なのです。

食事のマナーは食事の最中だけでなく、食器の扱い方や食べ方、ふるまい方なども挙げられます。マナーは、食事をする相手とのコミュニケーションをとるためにも大事なことです。

食事をする前の「いただきます」は、神様へのお供え物をお下げしたときの「いただきます」から始まったのだそう。また、命ある動物や植物をいただくという、感謝の意味を込める場合にも「いただきます」を使います。「ごちそうさま」は、食事を準備してくれた方やもてなしてくれた方への感謝の気持ちを表した言葉です。

食事に関するあいさつは、食に対する感謝の心を育む大きな役割があります。日本が昔から育んできた大事な文化です。日本料理が世界に広まっていったように、感謝の心やおもてなしの心も広まっていくようになると良いですね。そのために、マナーを正しく伝えられる食育アドバイザーなどの資格を取得してみるのも良いのではないでしょうか。

和食の配置にはきちんとした理由がある

今では洋食というものがごくごく普通に食べられる時代になってますが、日本人の基本の食事といえばやはり和食になるのではないでしょうか。

和食の特徴の一つに品目の多さというものがあります。

その中でも、一汁三菜を基本とした食器の配置というものが決まっているのです。とはいえ、最近の食堂やレストランでも1プレートというのが主流となっており、料理ごとに食器を使い分けるというメニューも少なくなってきました。そういうこともあって、和食の配置を知らない人が増えており、その点に関しては子供だけでなく大人にも言えることでもあります。ただ「配置」だと思っている人も少なくはないと思いますが、これにはしっかりとした合理的な理由があるのです。では、その配置について少し説明していきたいと思います。

お箸

まずはお箸になるのですが、箸先を左に向け、箸置きに横向きになるように手前に置きます。この置き方に関しては日本だけであって、単純に持ちやすいという理由だけでなく、「口をつける部分を他人に見せては失礼」という気持ちから、お箸は食器で隠すように手前に置くようになったのです。

お茶碗

次にご飯のお茶碗なのですが、こちらは左の手前に置くというのが基本となっています。右手でお箸を持つ人が多いため、左手でお茶碗を持てるようにという合理的な考えがあります。

和食の特徴はおかずの多さであり、洋食のように1つの品目をずっと食べ続けるということはほとんどありません。

やはり、和食はおかずとご飯を交互に食べるのが基本的な食事方法となります。このため、一番口に入れることの多いごはんを手前に置くということになっているのです。ごはんの次に持つことの多い汁椀は、こぼれることを防ぐためにも右の手前に置き、食器を持ち上げることのない主菜の食器は右奥に置きます。そして、左奥には副菜となる食器を置くこととなるのです。

お箸の持ち方について

スプーンやフォークを使うことが当たり前になった現在、お箸の持ち方があまりきれいでない人も多いかと思われます。今はあまり言われることが少なくなったかもしれませんが、少し前ではお箸の持ち方が悪かったら大人に怒られたりしたものなのです。

そもそも、昔の考えでは食材全てにおいて生命があるという考えでした。その命を自分たちにつなげてくれているものとして、お箸に対して丁寧に接するというのは昔から受け継がれているものの一つであるのです。また、和食には細かな食材や豆類などがたくさん出てきますので、お箸を上手に扱えないと丁寧につまむこともできません。

その結果、かきこんで食べたり犬食いといった食べ方になりやすく、マナーの悪い食べ方となってしまうのです。後、箸使いと食べ物の好き嫌いも関係してくると言われています。お箸がうまく使えていないという理由で、避けていた食材というものは必ずあるはずです。

例えば、先ほども出ました豆類や焼き魚といったものがその類になるでしょう。箸使いが上手にできるおかげでそういった食材にも手が出やすくなり、元々嫌いだと思っていた食材が意外にも食べられたということも決して少なくはないのです。

そして、バラバラの5本の指を上手に動かすことで集中力や忍耐力にもつながります。そのため、子供の学力や脳の老化防止にも大きな関係が生じてくるのです。何よりも、お箸を丁寧に持つ食べ方をすることで食事との向き合い方が変わり、その結果生活習慣の向上にもつながっていくのではないでしょうか。

子どもに多く見られる間違ったお箸の持ち方

最近、子供のお箸の使い方についてよく議論が行われています。大人でもきれいに持てない人が増えている中、子供も年々増えていくのは必然的な流れではないでしょうか。そもそも、間違ったお箸の持ち方のことを「きらい箸」と言います。そんなきらい箸の代表的な例をここで挙げていきたいと思います。

握り箸

この「握り箸」とは、簡単に言えばお箸と食器を同時に掴んで食べる方法となります。最近、食事の際に左手をおろそかにする子供たちが増えています。食事というのはきちんと両手を使って食べるものですので、左手が使えるのに全く使わないという食事の仕方は言語道断でもあるのです。左手はきちんとお椀を持つようにしましょう。

「かきこみ箸」        

お箸をきちんとした持ち方ができないと、ごはんもおかずもきれいにつまむことができません。そのため、口を直接お椀やお皿につけて食べてしまうことになるのですが、そういう食べ方のことを「かきこみ箸」と言います。こういう食べ方になると早食いの原因となり、咀嚼量も激減しますので太りやすい体になってしまうのです。

「寄せ箸」

この「寄せ箸」というのは直接の食べ方ではなく、お箸でお皿を引き寄せることを言います。食卓やお皿を傷つける原因ともなりますし、マナー的には決して良いものではないのです。

「探り箸」

この「探り箸」というのは、下に盛り付けられた料理を自分勝手に探して食べることを言います。見た目の良さも加味して食べるのも食事マナーの一つであります。作り手の盛り付けを無視した食べ方はマナーとして決して良いものではありません。盛り付けされた通り上から順番に食べるというのも作り手に敬意を表した形にもなるでしょう。

子どもに食事マナーを教える目安

食事のマナーというのは、基本的に子供のときから身に付いたものがそのまま大人になって活かされているものだと思われます。もちろん、大人になって気づいて直す人もいるでしょうが、ほとんどは子供のときに身に付いたマナーがそのまま大人へと繁栄されているのです。
とはいえ、小さな子供に食事マナーについてどこまで理解させればいいのかわからないと思います。一般的に、子供の食事マナーは「3歳~4歳」、そして「4歳~5歳」という目安に分けて教えていくそうです。まず、食事といのは楽しいものだということを基本の部分として教えていくことを心掛けましょう。

3歳~4歳までの目安

「みんながそろってから食べる」ということから教えていきます。一人で食べる食事よりも、みんな一緒に同じものを食べる方が楽しいということを感じてもらうのです。そして、「いただきます」や「ごちそうさまでした」という挨拶もここで教えていきます。これに関しては別に3歳まで待たなくても、話せるようになった時点で教えておいた方がいいかもしれません。

どちらにしろ、挨拶というのは全世界共通のマナーでもあるので早いうちから教えておいて何の問題もありません。「お箸を正しく使う」というのもここの年齢から教えていきます。ここまではスプーンやフォークを使っていましたが、3歳を過ぎたあたりから指も段々と上手に使える年齢に差し掛かってきます。ですので、この3歳あたりのタイミングでお箸の使い方を教えるのがベストではないかと思われます。

最後に、「他の人のお皿に手を出さない」というのもあります。家庭では一つの大皿をみんなで食べるという食事もあるでしょう。ですが、小学校や中学校に入ると1人一つの給食となります。そういう給食となれば他の人のものを食べることは決して良いことではありませんので、早いうちから教えるようにしておきたいところです。

4歳~5歳までの目安

4歳からは一般的な食事マナーを教えていくことになります。例えば、「食事中は席を立たない」ということがあります。食事をしている間、基本的には軽い談笑以外は食事に集中をするものです。席を立って違うことをするというのはやはり良いものではなく、何かをするときは食事を終えてからという認識をここで持たせます。「口に食べ物を入れたまま喋らない」ということもこの年齢あたりには身に着けておいてほしいマナーであります。

食事というのは楽しむものでありますから、周りの人たちとの軽い談笑程度は決して悪いものではないと思います。しかし、口に食べ物を入れた状態で喋ると周りに飛び散りますし、相手にとっても不快になるのです。それと同じように、「音を立てて食べない」ということもあります。お箸と食器をカンカン叩いて食べたり、くちゃくちゃ音を立てながら食べるというのは周りの人に不快な気持ちにさせるのです。

といったように、大人になっても当たり前の食事マナーはこの年齢までに全て教えておきたいところでもあります。

価格と期間で選んだ
食育アドバイザーのおすすめ
スクールランキング

1

資格のキャリカレ

公式HPを見る

食育アドバイザー資格取得講座

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700

2

ユーキャン

公式HPを見る

食生活アドバイザー合格指導講座

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365

3

がくぶん

公式HPを見る

食育インストラクター養成講座

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド

食育アドバイザーのキホン知識

食育アドバイザー資格の活用方法

食育アドバイザー資格の種類まとめ

食育アドバイザーの通信講座一覧

知っておきたいマメ知識

食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_CHECK

Copyright (C)食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド All Rights Reserved.