食育アドバイザーの資格が取れるおすすめ講座_ガイド
食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_詳細を見る

食育アドバイザーのおすすめスクールランキング

1

わずか3ヵ月で実践力が身に付く!長期間サポートで安心

資格のキャリカレ

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700
公式HPを見る

2

わかりやすいように配慮されたテキストが◎

ユーキャン

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

3

食の大切さに重きをおいた講座が好評

がくぶん

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

高齢者の食育について

高齢者の食育にかんする基礎知識を紹介。また、高齢者に多い低栄養について原因と予防について解説しています。

陥りやすい食の勘違い

歳をとるにつれて次第に食欲は減退し小食になっていくため、高齢者の中にはカロリーや栄養がたりていない人が増えてきます。

それに加えて高齢者は、一汁一菜のような「粗食が健康食」と思っている人が多いようです。

実はこれは大きな間違いです。小食でしかも粗食だと、必要な栄養素が十分にとれず「低栄養」の状態になってしまいます。

「低栄養」とは、健康な体を維持するのに必要な栄養素がたりていない状態のこと。

高齢者はそれでなくとも、たんぱく質やミネラルの吸収力が下がっているので、このような食生活ではいよいよ「低栄養」の状態に拍車がかかります。

充分な栄養を摂る努力が大切

「低栄養」の状態になると、免疫力が下がり病気にかかりやすくなります。

脱水、骨量の低下、認知機能の低下も起きやすく、その状態が続くと寝たきりになってしまうことさえあります。

低栄養状態は高齢者にとって、肥満よりこわい状態なのです。

高齢になっても元気で、天寿をまっとうすることが理想。それには、なによりも1日3食バランスの良い食事を、とくに良質なたんぱく質をしっかりと摂ることです。

高齢者に必要な食育とは

高齢者にとって必要なのは、粗食が健康食などの思い込みを修正し、低栄養にならないような食生活をおくることです。

<高齢者が低栄養にならないための「食」のポイント>
  • 食欲がなくても1日3食少しづつでも食べるようにする。
  • 食欲が出ない時は、主菜・副菜(おかず)だけでも食べるようにする。 
    ※主食3、主菜1、副菜2の割合が理想
  • 肉・魚など動物性のたんぱく質をしっかり摂るようにする。 
    ※70歳以上の1日あたりの推奨量は男性60g、女性50g
  • 菓子パンだけ、粉ものだけの食事はなるべく控えるようにする。
    ※粉ものの食事とは、うどん・パスタ・お好み焼きなど小麦粉で作られた食事のこと
  • 70歳以上の1日あたりの必要なエネルギー量は、男性で2,200kcal、女性で1,700kcal 。なるべくこの数値に近い食事をこころがける。
    ※数値は「日本人の食事摂取基準2010年版」より引用しました

食育活動は転倒予防にもなります

高齢者の食育活動は、転倒予防につながります。カルシウム不足は骨粗しょう症を招き、骨折を招く原因に。寝たきりになる原因も高くなります。そうなる前に骨を丈夫にすることが大切です。毎日牛乳や乳製品を摂ると、骨が丈夫になります。こうした食育が高齢者の転倒予防につながるのです。

価格と期間で選んだ
食育アドバイザーのおすすめ
スクールランキング

1

資格のキャリカレ

公式HPを見る

食育アドバイザー資格取得講座

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700

2

ユーキャン

公式HPを見る

食生活アドバイザー合格指導講座

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365

3

がくぶん

公式HPを見る

食育インストラクター養成講座

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド

食育アドバイザーのキホン知識

食育アドバイザー資格の活用方法

食育アドバイザー資格の種類まとめ

食育アドバイザーの通信講座一覧

知っておきたいマメ知識

食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_CHECK

Copyright (C)食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド All Rights Reserved.