食育アドバイザーの資格が取れるおすすめ講座_ガイド
食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_詳細を見る

食育アドバイザーのおすすめスクールランキング

1

わずか3ヵ月で実践力が身に付く!長期間サポートで安心

資格のキャリカレ

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700
公式HPを見る

2

わかりやすいように配慮されたテキストが◎

ユーキャン

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

3

食の大切さに重きをおいた講座が好評

がくぶん

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

どうすれば資格が取れるの?

食育アドバイザーの受験資格や、資格習得に必要な手順などを解説しています。

食育アドバイザーの受験資格と資格取得の手順

食育アドバイザーは国家資格ではなく、日本能力開発推進協会(JADP)という一般財団法人によって認定された民間資格です。

食育アドバイザーの受験資格は、日本能力開発推進協会(JADP)が認定する教育機関でのカリキュラムを修了した人に与えられます。

独学では受験資格が得られませんが、通信講座で学習すれば受験資格を得ることが可能です。

カリキュラムを修了した人は、随時食育アドバイザーの資格試験を受けることができます。

履修するカリキュラム

受験資格を得るには、日本能力開発推進協会(JADP)に認定された教育機関で以下のような講座を受ける必要があります。

検定試験は主に記述式で出題され、得点率が70%を超えると合格になります。

検定試験の難易度

食育アドバイザーは民間資格で、比較的新しい資格です。試験中にテキストを見ることが認められているのも食育アドバイザー検定試験の特徴。きちんと勉強していれば、それほど難易度の高い試験ではありません。気軽に取得を目指せるので、食育初心者の方にもおすすめ。

合格するために大切なのは、講座の学習と並行して日ごろから食材や食品などに興味と関心をもって生活することです。

検定試験

食育アドバイザーの資格を取るには、まず認定の教育機関で約3ヵ月のカリキュラムを受講する必要があります。

試験日は決まっておらず、受験資格があれば随時自宅で受験できるのが食育アドバイザー検定試験の特徴です。そのため、全カリキュラムを修了したあとは、いつでも検定試験を受けることができます。

受験料

資格名称

食育アドバイザー資格

受験料

受験料は5,600円(税込)。認定教育機関のテキストに同封されている振込用紙で支払います。

受験資格

日本能力開発推進協会(JADP)が認定する教育機関で全カリキュラムを修了した方に与えられます。実務経験や学歴といった制限はありません。

合格基準

得点率70%以上で合格になります。合否は答案を送付した約1ヵ月後に発表され、試験合格者には認定証と認定カードが授与されるそうです。

食育アドバイザーの資格についてさらに詳しく解説

食育について

「食育」とは、正しい食の知識を認識するで健全な食生活ができる人間を育てるというのが大きな目的です。食事というのは生活する上でなくてはならないものであり、人間全てに当てはまる行為でもあります。この食生活が乱れることで、その人自身の精神面や肉体面までもが乱れた状態へとなってしまうのです。食育の対象というのは一見、子供だけのように思われがちですが、実際は大人にも大きく関わってくることでもあります。

現在は、労働時間の長時間化や両親共働きの増加により、時間をかけて作った食事よりも、手軽で簡単な食事が多く求められるようになったのも事実です。それと、家族一緒に食べるというより、個人個人で食事を摂るスタイルが増えてきています。そういったことから、食生活の乱れは子供だけに限らず大人にも起こっているというのが現状であり、どの世代にもきちんとした食事の知識を身に着けることが望ましいとされているのです。

ここ最近、アメリカでは肥満体質が深刻な社会問題にも発展しています。高カロリーで栄養価の乏しいジャンクフードなどの自主規制を促す働きが増えてもきているのです。日本でも2005年に「食育基本法」というのが成立され、食育の重要性が徐々に認知されつつあります。手軽で簡単に食事が摂れるようになった時代だからこそ、食の原点である「食育」というものが求められつつあるのです。

食育の仕事について

食育の知識は食事全般に対する知識であるため、食品や食事を扱う仕事においては全てに重宝されるかと思われます。食品メーカー、飲食店、オーガニック食品も扱うスーパーなど、食育の知識を活かせる場は年々増えているようにも思えます。

例えば食品メーカーだと、現在は食育への関心が大いにあるわけですから、「健康に良い」、「栄養バランス」をウリにした製品を企画するといった仕事ができるでしょう。飲食店の場合も同じで、ダイエットや健康面から考え出したメニューを提供することで、「ただ時間がないから外食で済ませる」といったことに対して、「健康的な食事ができる」というウリで人気店へと発展させることも可能なのです。

現在もある職業に「食育」の知識をプラスすることで、現代社会の問題を解決する製品やサービスを提供することができるのです。また、直接的に関わらなくても、講演会やセミナーなどのビジネスも盛んに行われていますので、食育アドバイザーの資格を持つことで様々な仕事で活躍することができます。

食育アドバイザーの資格について

上記でも述べましたが、2005年に「食育基本法」が成立されました。

それにより、学校給食をはじめとする毎日の生活の中で、食事における理解と食する内容の推奨がされるようになったのです。それぞれのより良い食生活へと導くためのアドバイスや、知識の伝達を行う専門家としてこの資格が誕生されたのです。様々な講演会やセミナーなどを通して講座を行うような優秀なアドバイザーも最近では増えてきており、さらに今後も期待ができる資格となっています。

資格取得方法について

食育アドバイザーというのは国家資格ではなく、日本能力開発推進委員会という一般財団法人によって認定される民間資格となります。この資格を取得するためには、指定された講座を受ける必要があります。この講座受講修了をした人のみが食育アドバイザーの受験資格を持つことができるのです。

テキストやDVDなどで学習をし、最終的に在宅で検定試験を受けることで資格を取ることできます。そして、見事合格した人のみが晴れて食育アドバイザーとして活動ができるということです。

試験の内容について

食育アドバイザーの資格試験は、講座で学んだ範囲から出題されることになります。基礎編では、食料問題、環境、伝統や郷土料理、医食、薬効などから出題されます。

次に、栄養学や人体の消化吸収、そして主な食品265種類について出題、最後に食育活動という社会的側面に至るところまで総合的に出題されることになります。

試験は主に記述式で行われ、終了したら専用の封筒に同封して送付します。全体の約70%の人が合格となり、その合格者には数日後に認定書が届くこととなるのです。

取得の難しさについて

食育アドバイザー取得の難しさは、民間資格ということを踏まえた上で、在宅で試験が受けられるということから相当緩いということが想像されます。それが合格者の多さでもあり、試験合格を簡単にしているということにもつながっているのです。

ちなみに、受験料というのが講座も含めて31500円となっています。値段的には決して安い金額ではありませんが、取得後のランニングコストが必要ないという点を踏まえれば、1回きりで済むので比較的に安い金額で済んでいるのかもしれません。

実のところ、この食育アドバイザーという資格単体でどうにかするというより、看護師や保育士など別の職業のプラスαの資格という印象を強く持つ人も多いでしょう。これらの職業の人が追加で取得して、さらにその仕事で有効活用するといったことが一般的な使い方のようです。栄養学や身体生理など専門的な領域も範囲に入るため、意外としっかりと勉強しておかないと痛い目に合うことになるかもしれません。

取得する費用について

こちらは上記でも述べましたが、日本能力開発推進委員会直属の講座だと、試験費用も含めて31500円が総費用となっています。ただ、他の会社が提供するテキストが異なるものなどが存在した場合はそれ以上の費用がかかってしまうこともあります。しずれにしても、類似資格が決行ありますので、しっかりと自分の取得したい資格内容を把握してから進める必要があるでしょう。

勉強方法について

そこで肝心の勉強方法なのですが、まずはテキストを熟読して、内容を全て把握するということしか正直なところ方法はありません。とはいえ、比較的に新しい資格となりますので参考書などもあまり出回っておりません。ただ、その参考書を必要とするほどの難易度といえば、そこまでではないというのも事実であります。

テキストと一緒に講座で学び、苦手な分野が出てきたらその部分をインターネットや本を借りたりして、重点的に抑えていくというのが基本の勉強方法だといえるでしょう。

こういったテキストの勉強も非常に大事ではありますが、何よりも日頃から食材や食品、食生活などにも関心を持って、その内容を日常生活につなげていくことが高得点につながってくるのではないかと思われます。

類似資格の食育インストラクターについて

食育アドバイザーの類似資格に「食育インストラクター」という資格も存在してきます。この2つの内容的な違いはあまりないのですが、大きな違いというのは資格取得方法になります。食育アドバイザーは講座も試験も在宅で受けます。

しかし、食育インストラクターは調理学校をはじめとする調理師養成施設を卒業しなければならないのです。ちなみに、この食育インストラクター認定資格には全部で5種類存在してきます。食育インストラクター(プライマリー)は、服部幸應の食育インストラクター養成講座を特別に受講することで取得できます。具体的には通信講座で得られる簡単なものとなります。それ以降の4つの等級は実際の試験に合格しないと取得できません。そこには調理技術が必須となるので、先ほどとは違って若干難易度は上がってくるのです。

価格と期間で選んだ
食育アドバイザーのおすすめ
スクールランキング

1

資格のキャリカレ

公式HPを見る

食育アドバイザー資格取得講座

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700

2

ユーキャン

公式HPを見る

食生活アドバイザー合格指導講座

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365

3

がくぶん

公式HPを見る

食育インストラクター養成講座

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド

食育アドバイザーのキホン知識

食育アドバイザー資格の活用方法

食育アドバイザー資格の種類まとめ

食育アドバイザーの通信講座一覧

知っておきたいマメ知識

食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_CHECK

Copyright (C)食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド All Rights Reserved.