食育アドバイザーの資格が取れるおすすめ講座_ガイド
食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_詳細を見る
これでバッチリ!食育アドバイザーの入門書 » 食育アドバイザーのキホン知識 » 食育アドバイザーになるための勉強方法は?

食育アドバイザーのおすすめスクールランキング

1

わずか3ヵ月で実践力が身に付く!長期間サポートで安心

資格のキャリカレ

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700
公式HPを見る

2

わかりやすいように配慮されたテキストが◎

ユーキャン

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

3

食の大切さに重きをおいた講座が好評

がくぶん

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

食育アドバイザーになるための勉強方法は?

食育関連の資格で、独学で取得できるものと独学では取得できない資格「食育アドバイザー」について解説します。

独学でも資格は取れるの?

食育に関する資格の中には、独学で取得できるものと取得できないものがあります。主催団体が認定した教育機関でのカリキュラムを修了しないと受験資格が得られない検定試験があるため、独学での取得ができないのです。

独学で取得できる食育の資格には、以下のようなものがあります。

ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー3級(フードマネジメント協会認定)

食と運動を組み合わせて美しさを維持するためのアドバイザーを認定する資格です。フードマネジメント協会によって作られました。この資格を取ることで身体と食と運動に関する基礎知識を有することが証明でき、自分や家族に対してライフステージに合わせた食事方法などをアドバイスできるようになります。2級は認定講座の受講が必要ですが、3級は受験資格の制限がありません。そのため、公式テキストや公式サイトのサンプル問題などを使って独学で資格取得できます。公式認定講座の資料とフードマネジメント協会発行の公式資料は無料でもらえるので、それらを有効に利用すればさらに合格が近づきます。また、販売されている公式テキストは3級2級どちらにも対応しているので、3級合格後に2級にも挑戦したいという人にもおすすめです。

ちなみに3級は家族の健康管理レベルの内容なので初心者でも勉強しやすいという特徴があります。勉強する内容は主に、「身体の仕組み」「食生活」「トレーニング方法」「食事と健康」「ライフスタイルにあった食事と運動」「アドバイザーとしての仕事」などです。

試験時間は60分、問題数は80問となっており、合格するには7割の正答率が必要になります。試験料が5000円とリーズナブルなのも特徴です。

試験会場は東京で開催されているようです。

食生活アドバイザー2級・3級(FLAネットワーク協会認定)

食に関する幅広い知識を持ち、適格なアドバイスや指導ができるエキスパートを認定する資格です。食生活における広い視野が必要な資格で、「栄養と健康」にまつわる知識はもちろん、他にも「食文化と食習慣」「食品学」「衛生管理」「マーケティング」「食をとりまく社会生活」などに関する知識も求められます。合格指導講座は開講されていますが、受験資格の制限はありません。公式テキストも販売されており、独学での資格取得もできます

しかし、勉強する内容は私たちの日常生活に深く関わっているものが多いので、けっして難しい内容ではありません。食生活に関心のある方が最初に挑戦する資格とも言われています。また、これから食に関する資格を複数取りたいという方の場合は、それらの資格収得の際には必要な知識の補完にも役に立つことでしょう。

2級3級ともに90分、およそ6割以上の正答率で合格すると言われています。受験料は3級が4700円、2級が7300円となっています。そして3級2級の同時受験が可能です。

ただし、3級と比べて2級のレベルは格段にあがります。合格率でいえば、2割を下回ることもまれにあるほどです。2級3級ともに選択問題が中心なのですが、2級になると選択肢の中に「該当なし」の項目が増えるのです。また、「該当なし」が正解の問題も少なくなく、問題が複雑になっています。

2級まで受ける方はしっかりとした対策が必要になってきます。 試験は年2回、東京や大阪のほか札幌、仙台、広島、福岡など全国17会場で開催されているようです。

フードコーディネーター

「フードコーディネーター」とは、食にまつわる「ヒト」「モノ」「コト」を総合的にコーディネイト・ないしプロデュースする職業です。そしてフードコーディネーターには国家資格こそありませんが、「特定非営利活動法人日本フードコーディネーター協会」による「フードコーディネーター資格認定試験」というものが毎年開かれています。

唯一のフードコーディネーター資格として広く知れ渡っており、フードコーディネーターの知識や技術を証明できる手段として利用されています。

3級から1級までの合計3ランク存在します。1級ともなるとプロとしてフードコーディネーター業界の第一線で働いていけるレベルです。合格には通学講座などの受講が必要となってきます。しかし、3級はフードコーディネーターとしての基礎知識が中心であり、中学校卒業以上ならば誰でも試験を受けることができるのです。市販のテキストにて独学で資格を収得することも十分可能です。

勉強する内容は「デザイン・アート」「経済・経営」「文化」「科学」が中心となります。試験は年一回ですが、東京・横浜・名古屋・大阪・福岡で受けることができ、試験日から約3週間で合否が分かるのが特徴です。

上で紹介した4科目を各50問、合計160分かけて解くことになります。受験料は11000円、さらに合格後は認定料21000円を振り込まなければならないので注意しましょう。

フードアナリスト

フードアナリストとは食・食文化について体型的に学び、食やレストランを分析・評価する、食の専門家です。資格試験に合格し「日本フードアナリスト協会」の会員となることで、フードアナリストと名乗ることができます。タレントの方にも資格収得者がいることで有名です。

資格収得の際には栄養学、食育についてはもちろん、レストランの内装やサービス、食の歴史、さらには食にまつわるマーケティングや法律にいたるまで学ぶことになります。

4級から1級までありますが、最初に受ける4級は独学で受験することが可能です。18歳以上であればどなたでも受験することができます。問題内容も教本や問題集に沿っているので、養成講座などを受けずに受験する人も少なくありません。

4級の場合は4択式選択問題が50問出題され、7割以上の正答率で合格になります。受験料は7560円、合格するとさらにライセンス登録料15000円と年会費5000円が必要です。毎年4回、全国7都市で開催されています。

独学で取れない資格って?

独学で取得できない食育の資格は以下のものです。

食育アドバイザー(日本能力開発推進協会認定)

食育アドバイザーとは、食に関する豊富な知識を持ち、人に健全な食生活を送るためのアドバイスのできる技術をもっと人達のことです。

そしてその資格は日本能力開発推進協会(JADP)が食育に関するスペシャリストを認定する資格です。食育アドバイザーの検定試験を受けるには、日本能力開発推進協会(JADP)指定の講座を受講する必要があります。そのため、独学での資格取得はできません。

ですが、指定講座は通信制のため、自分のペースで学習したい方や通学が難しい方でも問題なく受講することができます。合格するためのカリキュラムがしっかり組まれているので、きちんと試験対策を取れるのも魅力です。カリキュラムの内容は主に「栄養学の基礎」「身体の仕組み」「正しい食生活と実践法」「肥満者やアレルギー患者への食育指導法」「生活習慣病予防と食育法」などが挙げられます。およそ4カ月に渡るカリキュラムを終えたあとに、資格試験を受けられるようになります。合格のラインは正答率7割以上となっていますが、なんと試験はテキストを見ながら受験することができるのです。受験料は5600円となっていますが、4か月分のカリキュラムの受講費も支払わなければなりません。

そのため、上記で紹介した独学で学べる資格と比べると、資格収得までにかかる費用が割高と言えます。

また、自宅でいつでも試験を受けられるのが食育アドバイザー検定の特徴。家事や育児でなかなか家を空けられない主婦や地方に住んでいて試験会場まで行けないという方にもおすすめです。

食育指導士・上級食育指導士

NPO法人日本食育協会によれば、食育指導士とは「今日の多様化する日本の食生活において「食と健康」に関する正しい知識を身につけ、食育を通して子どもからお年寄りまであらゆる世代の人々に、その意義を啓蒙普及できる人材」と定義づけられています。上級食育指導士ともなるとさらに深い知識が求められ、学校などで講演し地域の人々にも指導できるほどのレベルが求められるのです。

指導士の資格を得るには、講習を受けてかつ試験に合格しなければなりません。食育指導士の場合は1日、上級食育指導士の場合は5日間講義が続きます。上級食育指導士の講義では「栄養素」「消化吸収」「代謝」「生活習慣病」「体感食育」「児童心理学」「法律/社会」「食品機能」「食文化」といった多くの科目について深く勉強します。

食育講習会は毎月開催され、月ごとに会場となる都道府県が変わるのが特徴です。講習自体は90分から100分行われ、試験は90分となります。講習受講料は10000円ですが、協会の会員になれば6500円(新規会員の場合は9500円)に割引されるのです。

また、食育指導士は2年おき(上級食育指導士の場合は3年おき)に資格の更新をしなければならないという特徴があります。

以上が独学で学べる食にまつわる資格と、通信・通学講座の受講が必要な資格の一覧です。食は私たちが生きていく上で必ず必要となる営みの一つです。これらの資格を得ることによって自分はもちろん、家族の健康を守ることにも繋がります。そして食に関係した仕事についている人、これらか就こうと考えている人には、就職・転職のための強い武器となることは間違いありません。

これらの資格は一つだけ持つよりも、いくつかの資格を持っていることでさらに効果をはっきします。また、勉強する内容も似ているものが多かったり被っていたりもするので、複数資格を得ることを前提に受験を考えることをおススメします。

価格と期間で選んだ
食育アドバイザーのおすすめ
スクールランキング

1

資格のキャリカレ

公式HPを見る

食育アドバイザー資格取得講座

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700

2

ユーキャン

公式HPを見る

食生活アドバイザー合格指導講座

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365

3

がくぶん

公式HPを見る

食育インストラクター養成講座

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド

食育アドバイザーのキホン知識

食育アドバイザー資格の活用方法

食育アドバイザー資格の種類まとめ

食育アドバイザーの通信講座一覧

知っておきたいマメ知識

食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_CHECK

Copyright (C)食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド All Rights Reserved.