食育アドバイザーの資格が取れるおすすめ講座_ガイド
食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_詳細を見る

食育アドバイザーのおすすめスクールランキング

1

わずか3ヵ月で実践力が身に付く!長期間サポートで安心

資格のキャリカレ

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700
公式HPを見る

2

わかりやすいように配慮されたテキストが◎

ユーキャン

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

3

食の大切さに重きをおいた講座が好評

がくぶん

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

食育アドバイザー

食育アドバイザー

食育アドバイザーの資格ってどんな人でもとれるもの?資格を取得したらどんな仕事に役立つの?ここでは今注目の資格「食育アドバイザー」を取得する方法や受験できる方、資格の概要について詳しくお伝えします。資格取得までにかかる費用や学習範囲についてもまとめました。食育アドバイザーに興味がある方は一度のぞいてみてください。

食育アドバイザーの資格について詳しく知りたい!

食育アドバイザーになると、食育に関する幅広い知識があることが認定されます。家族の健康に役立つ資格が欲しい方にとって人気の資格です。また食の分野で就職したい方にも注目されています。メディアを利用して食に関する情報を発信する方やその分野で仕事に就いている方は、取得しておくと実践的に活用できるでしょう。

初心者でも資格がとれる?

食育アドバイザーは学びやすく受験しやすいため、スタンダードな資格として初心者に注目されています。はじめて資格取得を目指す方にも人気です。日常生活でも利用できる食育の基本が身につくので、お子さんのいる方や子どもに食育指導をする機会のある方におすすめです。

資格は就職や転職に有利?

初級資格なのであまり資格を重視されることはないものの、食育アドバイザーの資格を持っていれば飲食業界で働く方にとってアピールポイントになるでしょう。飲食業界に勤めていない方でも、身近な食を通して健康管理がしっかりできる家庭的な印象を与えることもできますね。

資格をとるための費用は?

取得までにかかる費用は、通信講座でかかる教材費用と受験料5,600円を合わせると5万円程度。通信講座によっては分割払いも可能。資格によっては10万円以上もの費用がかかる講座もあるので、比較的気軽に挑戦できる資格です。

受験資格や学習範囲はある?

通信講座の受講カリキュラムを全て終了した方という前提にはなりますが、学歴などの受験資格が特にないため、食育に興味がある方ならどなたでも挑戦できる資格と言えるでしょう。栄養学の基礎や身体の仕組みについて出題されるようです。正しい食生活の方法や、肥満やアレルギーを持つ方への食育指導法、生活習慣予防のための食育指導法も学べます。

食育アドバイザーの資格概要は?

食育に関する全般の知識を対象とした資格です。基本的な食の知識や食育に関する指導法が身についていることが認定されます。認定している団体は「一般財団法人日本能力開発推進協会」通称JADP。資格が認定されると「食育アドバイザー」を名乗って食に関する情報発信や周りに食育指導を行なうことができます。通信講座を利用した場合、学習に必要なのが約3ヶ月間なので、短期間で集中して資格取得を目指したい方にも向いていると言えるでしょう。

食育アドバイザー資格の認定団体

日本能力開発推進協会

「日本能力開発推進協会」は、不況下の中で問題とされている雇用情勢に対し、教養や技術を高めてそれぞれの人に合った分野で活躍できることを目的として設立された団体です。

心理カウンセリング系や美容系、健康管理、食事、ペット関連、事務や技能関連から占いまで、実に幅広い資格を展開し、人々のスキルアップのサポートをしています。

その中、フード関連として注目されているのが「食育アドバイザー」と「上級食育アドバイザー」の資格です。

近年、食品に含まれて添加物が子どもの成長に大きな問題となっています。

また、正しい栄養知識がないために必要な栄養素を子どもに与えることができず、栄養失調や肥満を引き起こすケースも増えているようです

安くて味のよい手軽な食品がたくさんありますが、そうではなく「本当に安心して与えられる栄養価の高い食べ物」で食生活を営むことができるよう、食のスペシャリストを要請するために作られたのが「食育アドバイザー」です。

食育アドバイザー

「食育アドバイザー」は、食に関する知識を身に着け、健やかな食生活を実践するスペシャリストであることを証明する資格です。

受験資格は、日本能力開発推進協会が認定する教育機関等で提供されている認定講座を受講し、そのすべてのカリキュラムを修了した人と定められています。

カリキュラムを受講した後は、自宅で認定試験を受け、合格すると食育アドバイザーとして認定されます。

認定講座の主な内容は、食育に関する基礎知識や食の安全性について、そのほか食育活動やそれに付随する必要な知識について学びます。

上級食育アドバイザー

「上級食育アドバイザー」は、安心、安全な食生活の実践はもちろん、指導や教育のために必要な専門知識を身に付けること、さらに食育関連のイベントや正ナーを開催するために必要な知識を身に着けていることを証明するための資格です

受験資格は、食育アドバイザー同様日本能力開発推進協会の認定する教育機関などで提供している認定講座を受講し、すべてのカリキュラムを修了した人と定められています。

認定講座では、栄養学の基礎知識や食材とその症状に関する知識、行事や行事食についての知識など、食育アドバイザーとは異なる内容を深く学びます。

食育アドバイザー資格取得のための通信講座3選

資格のキャリカレ

「資格のキャリカレ」は、食育アドバイザーの認定講座を提供しています。

より効率よく知識を習得するために、独自のカリキュラムを組んでおり、カリキュラム通りにしっかり学習すれば、3ヶ月という短期間で食育アドバイザーの資格を取得することが可能です。

食に関する知識がまったくない人でも学びやすいよう、テキストは図を豊富に取り入れており、一見難しそうなイメージのある栄養学も目で見てわかりやすいように構成されています。

またDVDで映像を見ながら受講するスタイルも取り入れているので、机の上で学ぶことが苦手な人も学習しやすいです。

通信教育を受講したことがなく、最後まで学べることかどうか不安という人のだめに、専属のサポーターがつくのもキャリカレの認定講座の特徴。

学習状況のチェックをしてくれたり、分からない部分のアドバイスをしてくれるなど、きめ細やかなサポートで学習の進行を支えてくれます。

700日間という長期のサポートも可能なので、初めて通信教育で資格を取得するという人も安心です。

がくぶん

「がくぶん」では、食生活ドバイザーの資格を取得するための講座を提供しています。

講座は食のスペシャリストである服部幸應先生が監修。

食のプロが作った講座ですから、同じく食のプロを目指す人にとって必要な情報が網羅されているのが大きな特徴です。

食育アドバイザーに必要な知識はもちろんですが、毎日の生活に取り入れやすいアドバイスがたくさん紹介されているのもポイント。

認定講座で得た知識を家族のために活かしたいという人にもぴったりです。

がくぶんの認定講座は受講期間が6ヶ月と定められていますが、半年以内に修了できなかった人はさらに6ヶ月間延長することができるので、ゆっくり学びたい人も安心して受講できます。

産業能率大学

産業能率大学の認定講座は、資格認定団体のひとつである「FLAネットワーク協会」が公認している講座で、修了後には食生活アドバイザーの資格を取得することができます。

講座では、日常的に活用できる食に関する工夫から、食のプロフェッショナルとして活躍できるプロの知識まで幅広く学ぶことができます。

講座は2級、3級と出題内容に合わせて内容を構成しているので、目的に合わせて効率よく学習を進められる点もポイントです。

食育アドバイザー資格を活かす3つの職場

飲食店や食品販売店

最近は健康食が大きなブームとなっていますので、そのような健康的なメニューを提供しているカフェや飲食店、健康食品を販売するお店などで食育アドバイザーの資格を活かすことができます。

カフェやレストランなどの飲食店での調理は、必ずしも国家資格である調理師の免許がないと仕事に就けないということはないので、調理師の免許を持っていない人でも就職できるチャンスは大いにあるのです。

子どもが多い飲食店でも、体によい食材やメニューを考案するために、食育アドバイザーの認定講座で習得した知識を役立てることができます。

さらに最近は、素材にこだわった食材を提供する健康食品の販売店も増えている様子。

こうしたお店では食品や食材に対してお客様からいろいろな質問を受けるので、こうした質問に答える際に知識を活かせます。

特に添加物を気にするお母さんは、加工食品に含まれる添加物についていろいろな疑問を抱いていますので、ぜひ習得した知識を生かしていろいろと教えてあげてください。

保育園などの教育機関

保育園などの教育機関で給食のメニューを考案するのは、管理栄養士の資格を取得している人であることが多いですが、こうした国家資格を取得している人も、食育アドバイザーの資格を新たに取得して、メニュー作りに活かしているようです

調理についてはこうした資格を取得していなくても実務に就くことができますが、資格を取得していればより食材や栄養のことを考えながら給食づくりに励めるので、やりがいをもって仕事に臨めると思います。

特に保育園や小学校では、食育について力を入れているところが多いので、資格取得において学んだ知識を積極的に活かすことができるはずです。

料理教室など

料理教室にもいろいろなタイプがありますが、お子さんを持つお母さんに向けた食育を中心に料理指導を展開している料理教室が増えてきています

子どものために、安全で安心して食べられる食事を与えたいと考えているお母さんはとても多いです。

こうしたお母さんのために、子どもが元気よく健やかに成長できるメニューを考案し、料理教室で指導する上で食育アドバイザーの資格が役立ちます。

料理に自身のある人は、料理教室を自分で開くというものひとつの方法です。

飲食店とは違い、料理教室は比較的簡単な手続きで開くことができますので、自分で生徒を集って食育について指導したり、食育に向けたメニューを料理教室で提供してみてはいかがでしょう。

価格と期間で選んだ
食育アドバイザーのおすすめ
スクールランキング

1

資格のキャリカレ

公式HPを見る

食育アドバイザー資格取得講座

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700

2

ユーキャン

公式HPを見る

食生活アドバイザー合格指導講座

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365

3

がくぶん

公式HPを見る

食育インストラクター養成講座

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド

食育アドバイザーのキホン知識

食育アドバイザー資格の活用方法

食育アドバイザー資格の種類まとめ

食育アドバイザーの通信講座一覧

知っておきたいマメ知識

食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_CHECK

Copyright (C)食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド All Rights Reserved.