食育アドバイザーの資格が取れるおすすめ講座_ガイド
食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_詳細を見る

食育アドバイザーのおすすめスクールランキング

1

わずか3ヵ月で実践力が身に付く!長期間サポートで安心

資格のキャリカレ

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700
公式HPを見る

2

わかりやすいように配慮されたテキストが◎

ユーキャン

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

3

食の大切さに重きをおいた講座が好評

がくぶん

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

薬膳コーディネーター

美容や健康に関心が高い方から人気の資格「薬膳コーディネーター」について、学習範囲や取得にかかる費用、就職や転職に役立つか否かまで、詳しく紹介します。薬膳コーディネーターに興味がある方はぜひ参考にしてください。

薬膳コーディネーターの資格について詳しく知りたい!

薬膳コーディネーターは、美容や健康に高い効果を発揮する薬膳料理を普段の食事や飲食業界でのメニューに取り入れることができると認定する資格。資格の認定元の団体は、「本草薬膳学院」です。薬膳の勉強をする専門学校が資格を認定しています。

資格を取得するメリットは?

資格を取得することで、仕事に活用することが出来るというメリットが一番に思い浮かびますが、それ以外にも様々なメリットがあります。

1、日常生活に活かせる

仕事で使うだけでなく、日常生活に活かすことが出来ます。家族が風邪気味の時は、この料理。

肌が荒れてきたので、この料理で美肌効果を高めようなど、体の健康状態に合わせて薬膳料理を家庭でも作ることが出来ます。もちろん、積極的に薬膳料理を取り入れることで病気の予防にもつながります。

2、料理のレパートリーが増える

資格を取得する上で、薬膳料理を学ぶ機会があるため、料理の選択肢が増えます。

もちろん、料理が苦手な人でも、これをきっかけに料理に触れる機会が増えるので料理のスキルアップにもつながります。

「美容のために食生活を見直したい」「家族の健康に配慮した食事を作りたい」「就職・転職活動に役立つ資格が欲しい」「医療関係の職に就いており、健康食の知識を身につけたい」という方におすすめです。

薬膳コーディネーターが注目される理由

なぜ、薬膳コーディネーターが注目されているかというと、「薬膳料理」に秘密があります。

薬膳料理は医学的にも効果があると言われているからです。もともと、薬膳は中国の伝統医学である「中医学」に基づいて作られました。

伝統的な学問でもあり、料理によって、貧血やむくみ、冷え性といった症状を和らげるだけでなく、美容効果があると言われているからです。また、今までは「薬膳というものがある」程度の認識でしたが、近年の健康ブームによって更に注目されるようになりました。

初心者でも資格がとれる?

以前テレビCMで紹介されていたことがあり、薬膳系の資格の中では知名度が高く、人気の高さが特徴の資格です。薬膳と聞くと専門的な知識を思い浮かべてしまう方もいるかもしれませんが、薬膳料理に関する知識がまったくない初心者でも取得することができます。合格難易度も比較的低いので誰でもやる気があれば取得をしやすい資格です。薬膳料理に興味があるなら、ぜひ挑戦してみてはいかかでしょうか。薬膳料理に興味があるなら、ぜひ挑戦してみてはいかかでしょうか。

資格の難易度

資格は、独学で勉強しない限り70%以上の人が取得することが出来るものです。

もちろん、試験はありますが、講座で学んだことをしっかり覚えておけば必ず取得することができます。

何故独学で資格を取得出来ないかというと、薬膳アドバイザーの資格習得条件で、「本草薬膳学院」が指定する学習を一定数受けるという条件があるからです。

また、薬膳インストラクターの本がほとんどなく、独学では困難です。

そこで、登場するのが資格講座なのですが、取得をする際に考えられる選択肢はいくつかあります。

1つは
・日本中医食養学会の「薬膳初級講座」を40時間以上受けて申請により取得
もう1つは
・「本草薬膳学院」が認定した通信講座を受けるというものです。

専門学校のメリット

1つ目の専門学校に通う方法は、直接指導してもらえるのでわからないところがあれば、すぐに解決することができます。また、クラス単位での学習になるので、お互いを励ましながら資格取得へ頑張ることができます。

もちろん、薬膳インストラクターの資格を取得すると同時に、人脈形成も期待できます。取得した後のこと、取得の容易さを考えると、専門学校にはメリットがたくさんあります。

専門学校のデメリット

専門学校に比べてのデメリットは、時間を確保しなければいけないということです。

人によっては、仕事とスケジュールが合わず授業に出席できないこともあります。決まった時間を確保出来ない社会人にとっては資格取得が困難な人もいるかもしれません。

また、授業料が高額な点も考慮しなければなりません。

通信講座のメリット

通信講座のメリットとしては、自分のペースで勉強を進めることができます。

資格に必要なテストも試験会場で受けるのではなく、自宅で試験を受けることになるので、自分のスケジュール通りに勉強を進めることができます。

また、テキスト/DVDを通して苦手な分野は何度でも学習出来るので、苦手な分野を徹底的に学ぶことが出来るのもメリットと言えます。

また、専門学校に比べて費用がかなり抑えられるのも良い点です。安く資格を取得することが出来るので、多くの人がこちらを選択します。

通信講座のデメリット

自宅でいつでも勉強することが出来るので、自分の気分で勉強の進み具合が変化します。

場合によっては、やる気次第で取得することができないので、モチベーションを維持するための工夫が必要です。

資格は就職や転職に有利?

食育に関する資格を持っている方でも、薬膳についての知識に富んでいる方は多くありません。美容や健康に配慮した食事のニーズが高まりつつある飲食業界。肌トラブルやむくみ、貧血といった悩みを解消できる薬膳メニューが作れるというのは、就職や転職時において他の方にはない自分の強みになります。

本物の薬膳インストラクターが必要されている理由

昔は、薬膳料理=まずいという印象がありました。しかし、薬膳料理はここ最近研究されておいしい料理へと変化しています。そこで活用されるのが、薬膳コーディネーターの資格です。

薬膳の知識を持っていることで、料理にどのように組み合わせれば美味しく作ることが出来るのか?どのような食材が、健康に良いのか?

ということを熟知することになるので、メニューの幅が増えます。

健康志向のレストランが増えている中で、薬膳料理を真似て作るのではなく、薬膳コーディネーターが作るという泊があるだけで注目度が大きく変わり、人気店へと変化することができます。

このような点から、薬膳コーディネーターは注目されている資格の1つなのです。

具体例

何故、レストランで薬膳の知識が必要かというのは、次の例で考えればわかります。

生姜というと、体をあたためるものとして知られています。

生姜料理は、体を温めるということがわかってきているので、生姜を入れた料理=薬膳料理の1つとも考えられます。

しかし、確かな薬膳の知識があると、生姜を食べない方が体の良い状態を保つことが出来るとも言われています。

実際、我々が知っている食の知識と、薬膳の知識ではこのような違いが存在しています。

もちろん、生姜は体を温める食材なのですが、薬膳の知識は中医学をもとにした知識なので、違いが生じるのです。

レストラン以外の需要

もちろん、レストラン以外の需要もあります。例えば介護施設、医療施設では、食から体を健康にするアプローチも取り入れられています。そのため、薬膳アドバイザーの知識があればレストランだけでなく、「食」を扱う 場所であれば、今後も活躍する幅は増えて行くことが期待されます。

「薬膳コーディネーター」としての独立は?

薬膳コーディネーターの資格を取得し、一定期間レストランのキャリアを積むことで、独立として活躍することが出来ます。

もちろん、薬膳の知識を広めるという意味で、本を出版するのも良いでしょう。

しかし、知名度がなければ本を出版出来ないので、家庭でも出来る薬膳料理教室を開くことも考えましょう。

このように、やり方によってはメディアに露出することも可能性としては大いにあります。

将来的に薬膳のスペシャリストとして世に出たいというのであれば、そちらを視野に入れて資格取得しても良いでしょう。

資格をとるための費用は?

薬膳コーディネーターの資格取得のためにかかる費用は通信講座の受講料44,000円のみです。検定試験がないため、受験料が必要ありません。約4ヵ月の通信講座を受講後、計3回の課題を提出することで薬膳コーディネーターの資格を取得できます。

受験資格や学習範囲はある?

約4ヵ月間の通信講座と計3回の課題を終え、全カリキュラムを修了した方が薬膳コーディネーターの資格を得ることができます。受験資格といった制限はありません。講座では薬膳に関する基礎知識から実践的な薬膳メニューまで学ぶことができます。

気になる勉強方法は?

薬膳コーディネーターの勉強をする上で必要なのは、中医学の五行学説を学ぶ必要があります。

五行学説は、森羅万象のすべてを「木、火、土、金、水」の5元素に分類した考えで、この原理を理解しなければ習得することが出来ません。人によって様々ですが、この五行学説をしっかり学習することで、理解度を深めることが出来ます。ただ、感覚的に覚えていけば簡単に覚えられるので、反復学習をするように心がけましょう。

薬膳料理のレシピをいかに覚えるか

薬膳コーディネーターの資格では、料理を勉強するテキストがあります。基礎を学ぶことも大切ですが、薬膳料理をいかに作れるかがとても重要になります。

テキストに載っているのは、約100種類。100種類の薬膳料理のレシピを覚えられれば、資格を取得した際に、仕事の幅が大きく増えます。通常の料理よりも、作り方に気を使わないといけないので、実践的に料理を作って覚える必要もあります。

テキストのほかに、DVDで作り方がわかるので料理の作り方を映像で覚えることも出来ます。

薬膳コーディネーターの資格概要は?

本草薬膳学院が認定する薬膳コーディネーターは、美容と健康に役立つ薬膳の知識を身につけ、毎日の食生活に取り入れることや薬膳料理についてのアドバイスができることを認める資格です。健康食が注目を集めている現代において、ニーズが高い資格でもあります。

試験がなく4ヵ月のカリキュラムを受講するだけで資格が得られる挑戦のしやすさが魅力の1つ。そのため、薬膳料理に関心がある方なら誰でも取得を目指すことができます。美容や健康に役立つ食事の知識を身につけたいなら、薬膳コーディネーターに挑戦してみるのがおすすめです。

まとめ

薬膳コーディネーターは、健康ブームの日本ではこれからも注目される資格です。

今回の記事を見て資格を取得しようと考えた人は、挑戦してみてはいかがでしょうか。取得するために大切なのは、資格取得をしてどのように活かしたいのか?ということです。資格を取得することで、今やっている仕事の幅、転職先での活用等々、活躍の幅が大きく広がります。

また、仕事だけではなく自分の生活に活かすことが出来る資格なので、もし仕事で活用しなくても、日常生活で発揮することができる貴重なものなので、迷っている人はこのような点にも注目して検討してみてはいかがでしょうか。

価格と期間で選んだ
食育アドバイザーのおすすめ
スクールランキング

1

資格のキャリカレ

公式HPを見る

食育アドバイザー資格取得講座

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700

2

ユーキャン

公式HPを見る

食生活アドバイザー合格指導講座

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365

3

がくぶん

公式HPを見る

食育インストラクター養成講座

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド

食育アドバイザーのキホン知識

食育アドバイザー資格の活用方法

食育アドバイザー資格の種類まとめ

食育アドバイザーの通信講座一覧

知っておきたいマメ知識

食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_CHECK

Copyright (C)食育アドバイザーの資格が取れる!おすすめ講座ガイド All Rights Reserved.