食育アドバイザーの資格が取れるおすすめ講座_ガイド
食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_詳細を見る

食育資格のおすすめスクールランキング

1

わずか3ヵ月で実践力が身に付く!長期間サポートで安心

資格のキャリカレ

金額
38,600
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700
公式HPを見る

2

わかりやすいように配慮されたテキストが◎

ユーキャン

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

3

食の大切さに重きをおいた講座が好評

がくぶん

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

大人のための食育

大人の食育とはどのようなものなのでしょうか。「食」が及ぼす影響について詳しくみてみましょう。

大人の食育とは

家事や仕事に忙しい大人の場合、「食育」とは慌ただしい状況でも栄養バランスを考えて、食事を摂取する意識作りを指します。

例えば、朝食をコーヒーだけで済ませるような生活を送っていると、健康維持に必要な栄養が食事から確保できません。きちんと1日3食を規則正しく食べることで、食事から効率良く栄養を補給できます。消化器官の負担にならないように、腹八分目を心がけて食べ過ぎないようにしましょう。

脂肪・塩分・糖分の摂りすぎは、むくみや太る原因になり、美容にも大敵です。主食・主菜・副菜などバランスの取れた食事が鍵となります。野菜をたくさん食べることでさまざまなメリットも。野菜にはミネラル・ビタミン・食物繊維が含まれており、体重のコントロール、高血圧や高血糖の予防につながると言われています。今の食事にプラス1皿の野菜メニューを加えるように心がけてください。

自分の適正体重を知って、維持することも欠かせません。適正体重をオーバーしている場合は、体重を定期的に記録して、適正体重に向けた食事メニューや量のコントロールを普段から考えるように意識づけることが大切です。

朝食は眠っている体や脳の働きを活性化させるため、1日のスタートダッシュのカギとなるもの。朝食を食べないと「体が重い」「イライラする」といった低血糖に近い症状が現れます。

朝食を食べる習慣や時間がない場合には、バナナ1本やおにぎり1個だけでもいいので、朝食べることを習慣化するようにしましょう。朝食を摂取することで、家事や仕事効率がアップする可能性があります。たくさんのメリットがあるので、朝食は毎日食べるようにしましょう。

まずは1回の食事を大切に考えてみましょう。食事を適当に済ませるのではなく、コンビニのお弁当に野菜をプラスする、カロリー表示や成分表示を気に掛けるようにすると、自然と食に対する意識が高まるかもしれません。食事について考えることこそが、大人の食育につながります。

働く世代・子育て世代の忙しい大人たち

子育てや仕事で忙しく時間に余裕がないのが働き盛りの世代。ライフスタイルが目まぐるしく移り変わる時期でもあり、自分自身の健康管理にまで意識を向けるのが難しい時期です。

家族や自分自身のためにも、今の食生活を見直して健康を意識しはじめてみましょう。

生活習慣病やメタボリックシンドロームといった病気の予防も、気にしなければならないタイミングでもあります。

腹八分目を意識する

働き盛りの世代は、飲みすぎや食べ過ぎによる内臓脂肪の蓄積に注意しなければなりません。内臓脂肪が蓄積されると、生活習慣病やメタボリックシンドロームを引き起こしてしまいます。

生活習慣病の予備軍とは、血圧・血糖・コレステロールが高い状態です。さまざまな病気の原因にもなるでしょう。

食事の改善は、生活習慣病の予防にも重要です。毎日の積み重ねが、健康寿命を長く保つ秘訣とも言えます。

大人の食育に関するQ&A

Q.アルコールや間食は体に悪い?

A.食事を1日3回バランスよく摂取している場合、間食は本来必要ありません。

間食を摂ることでストレス発散になっているといった心のバランスに必要な場合、間食を一切止めてしまうのはかえって良くありません。少量にするか、成分表示をみながら塩分や糖分過多にならないように注意して食べましょう。

アルコールも同様で、適量を心がけて飲みすぎには注意すべきです。アルコールの過剰摂取は、生活習慣病のリスクが上がってしまいます。痛風のリスクも高くなるので、注意が必要です。

Q.ついコンビニや外食に頼ってしまう。注意すべき点は?

A.できるだけ野菜や魚のメニューを選ぶように心がけましょう。

コンビニ食や外食は、塩分やカロリー過多になりがちです。忙しい時、コンビニや外食などは便利ですが、頻度が高くなってしまうと栄養バランスが偏ってしまいます。

成分を確認しながら外食を上手に取り入れて、食事を欠かさず取ることが大切です。

Q.何に気をつけて食事をしたらいいですか?

A.野菜を食べることももちろん大切ですが、牛乳やチーズなどの乳製品や果物も、毎日摂取するのが理想的です。

何も気にせずに食事を行っている場合、ビタミン・ミネラル・食物繊維が不足しがちになります。

果物によっては、食べ過ぎると糖分過多になる場合もあるので、適量の範囲内で摂取してください。

Q.朝は取らないのが習慣化。1日2食でも大丈夫?

A.食事は1日3食、規則正しいタイミングで取る習慣をつけましょう。

1日2食の場合、空腹の時間が長くなります。1回の食事量が多くなったり、間食してしまったりすることで、太りやすい体質に。健康と美容のためにも、食生活の改善を目指しましょう。

価格と期間で選んだ
食育資格のおすすめ
スクールランキング

1

資格のキャリカレ

公式HPを見る

食育アドバイザー資格取得講座

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700

2

ユーキャン

公式HPを見る

食生活アドバイザー合格指導講座

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365

3

がくぶん

公式HPを見る

食育インストラクター養成講座

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
食育にかんする資格が取れる!おすすめ講座ガイド

食育アドバイザーのキホン知識

食育アドバイザー資格の活用方法

食育にかんする資格の種類まとめ

食育資格の通信講座一覧

知っておきたいマメ知識

食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_CHECK

Copyright (C)食育にかんする資格が取れる!おすすめ講座ガイド All Rights Reserved.