食育アドバイザーの資格が取れるおすすめ講座_ガイド
食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_詳細を見る
食育にかんする資格が取れる!おすすめ講座ガイド » 食育にかんする資格の種類まとめ

食育資格のおすすめスクールランキング

1

わずか3ヵ月で実践力が身に付く!長期間サポートで安心

資格のキャリカレ

金額
38,600
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700
公式HPを見る

2

わかりやすいように配慮されたテキストが◎

ユーキャン

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

3

食の大切さに重きをおいた講座が好評

がくぶん

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
公式HPを見る

食育にかんする資格の種類まとめ

食育アドバイザー

食育アドバイザー・食生活アドバイザーなど、食育に関係する資格を一覧表にまとめてみました。

食育の資格と種類

食育スペシャリスト

食育スペシャリストとはその名の通り食育のスペシャリストという資格で、単純に食育の知識だけでなく、その知識を誰かに教えるためのスキルも必要になってきます。講座内容にはプレゼンテーションもありますので、取得することで食に関する教室を開いたり、講演をするスキルを身に付けることができます。

難易度

食育スペシャリストの資格は講座内の課題レポートを提出し認定試験に合格すれば取得できます。最短3日で取得できるので、比較的難易度は高くないようです。

食育メニュープランナー

食育メニュープランナーとは、主に一汁三菜を基本にして、食の知識やバランスの良い献立の立て方などを提案し、食の大切さを伝えていく資格です。四季折々の食材を生かした献立作り、地域の食文化などの継承もしていきます。食育の正しい知識を身に付けたいという方や、食育指導をしていきたい人におすすめです。

難易度

講座を受講し、すべてのレポートを提出してすべて合格点を取ることができれば自動的に資格取得となります。そのため、難易度は低く取得しやすい資格です。

介護食アドバイザー

介護食アドバイザーとは高齢者に食を通じて生きがいを与えるスペシャリスト資格です。高齢者の心理や生理機能の老化、誤飲防止のポイントなどを学び、高齢者が食を楽しみにすること、それでいて健康でいられる介護食の知識を身に付けられます。高齢化社会が急激に進む昨今、ますます需要が高まる資格でしょう。

難易度

カリキュラムを修了し検定試験を受講して得点率が70%以上で取得できます。ただ自宅で受けられる試験で、テキストを見ながら受けられるので難易度は低いです。

食育に関する資格は昨今、非常に多くなっています。子供の食育を学びたいのか、高齢者への食育を学びたいのか、また資格取得により就職に役立てたいという方もいるでしょう。それぞれに合った資格があるので、探してみるといいでしょう。

数ある食育に関する資格の中でもこのサイトでは、家族のためにも仕事のためにもなる『食育アドバイザー』に着目しています。詳しく見ていきましょう。

介護食アドバイザー(東京カルチャーセンター)

東京カルチャーセンターの介護職アドバイザーとは、高齢者が安心して食事ができるよう、調理方法や専門知識を身につけた、食のスペシャリストです。この講座では、いつものメニューを噛みやすく、食べやすく作る方法を学びます。誰にでも食べやすいユニバーサルレシピを提唱しており、家族一緒の食事メニューを目指します。

難易度

受講期間6ヵ月の通信講座で、6回の添削があります。受講料は37,000円で分割払いも可能。受講期間内に全課題を履修し、合格すれば資格取得の修了証を取得できます。すべて通信教育で学べるため、比較的難易度は低いといえます。

介護食アドバイザー(JADP)

JADPの介護食アドバイザーとは、食事と体の関係や誤飲を防止するポイントなど、高齢者の食事に必要な専門知識と技術を身につけたことを証明できる資格です。食べやすく、かつおいしく楽しんで食べられる介護食について、必要な知識や技術を習得できます。介護、医療、福祉、飲食など、幅広い職場で活用できる資格です。

難易度

JADPの介護食アドバイザーは、3ヵ月の通信講座の受講で学べます。認定講座の受講料は通常46,000円、ネットから申し込めば36,000円です。カリキュラム終了後、自宅で受験可能なので難易度は低めです。

食学士・準食学士

食学士・準食学士とは、国際食学協会(IFCA)認定の資格です。食学をはじめ、美容食学、マクロビオティックなど、日本の昔から現代までの食についてのあらゆる知識が身につけられるため、生活にも仕事にも役立ちます。特に、美容食学やマクロビオティックなどは、食と体との関係を深く掘り下げて学ぶことができます。

難易度

食学、美容食学、マクロビオティックのA級、S級講座認定後、準食学士認定を受けられます。また、準食学士の認定を受けた後に、応用食事療法プログラムを受講し、食学士検定試験を受けて合格すれば、食学士の資格が得られます。

ステップアップが必要であり、受講期間や費用、難易度ともに高いといえます。

食育デザイナー

日本食文化環境研究所認定の食育デザイナーとは、日本人の健康を支える食生活を学び、行動する食育のプロの資格です。食育、食と心や身体との関係、農業やメタボ予防の知識などを学び、普段の生活から仕事にまで幅広く活用できます。栄養学や塩分・脂肪分の減らし方など、子どもから高齢者までの暮らしに直結した食育について学べます。

難易度

2日間の短期集中講座を受講後、確認テスト合格で取得できます。受講費用は35,000円。食についての知識がなくても受講でき、難易度は低めです。

食育指導士®

食育指導士とは、食と健康についての正しい知識を持ち、子どもから高齢者までのあらゆる世代に対して食の大切さを啓蒙できる人材に与えられる資格です。現代社会の食の問題や重要性を、使命感を持って指導できる食育指導士の資格は、学校や地域での講演など、身近な社会で活かせる資格です。さらに知識を深めて上級食育指導士を目指すことも可能。

難易度

食育指導士講習会を1日受講し、認定試験に合格すると資格取得できます。講習、協会加入会費を含めても9,500円と費用も手ごろで、講習をしっかり受けていればそれほど難しくはありません。講習は毎年度行われており、詳細はホームページで確認できます。現在10,000人以上が食育指導士の資格を取得しています。

食育コミュニケーター

食育コミュニケーターとは、食を通じて社会で活躍できる資格です。他の食育関連の資格とは少し異なり、食のコミュニケーションと体験を通じて人を思いやる心を育て、お客様と食を介してのコミュニケーションを図る力を身につけます。企業で食のプロとして活躍できるので、スーパーや食品メーカー、食品関係、外食関係の職の方におすすめです。

難易度

食育コミュニケーターは、2日間のスターター講座を受講し、試験に合格すると取得できます。開催は、東京、大阪、高知で、随時行われます。費用は40,000円。しっかり受講していれば難易度は低いといえるでしょう。

食育アドバイザーになるための
おすすめスクールランキングを見る

食育アドバイザー・食生活アドバイザーほか食育関連の資格

幼児 食事

時代の要請が多い証拠で、食育関連の資格はたくさんあります。似たような名称が多いのも特徴。

食育資格はどれも基本的な食育知識は習得できます。 活用方法や詳しく学べる内容は資格によって特徴が異なるので、確認して自分に合う資格を見つけましょう。 基礎を中心に学びたい方は費用が安いものの中から比較して探すのもオススメです。

ここでは、違いがわかりにくい民間資格である「食育関連の資格」を一覧で紹介します。

食育アドバイザー

近年、食育に関する関心は高まっています。食育の基本を学ぶにあたって、食育アドバイザーの資格取得の需要もアップ。仕事で食育に関する知識資をいかしたい人・大切な人の健康のために食育を学びたい人はチェックしてみましょう。

こんな人におすすめ

・食育の知識が全くないが食育について興味がある、これから勉強したい
・保育園の子供達に対して食育を伝えていきたい

食育アドバイザーの資格について見る

食生活アドバイザー

食材に含まれる栄養素から法律まで、幅広く学ぶことができる食生活アドバイザー。家族のため・仕事のため・自分のために資格取得を考えている人に向けて、資格の内容から資格取得にかかる費用まで調べてみました。誰でも受験できるのか?それとも決まった資格制限があるのか?要チェックです。

こんな人におすすめ

・子供に必要な栄養素・食材を知り、晩御飯にいかしたい
・具合の悪い足を持つ親が心身共に健康に生きていけるようにいかしたい

食生活アドバイザーの資格について見る

食育インストラクター

栄養学の基礎からアレルギーを持つ人への食事指導まで、多くのことを学べる食育インストラクター。資格の詳しい内容や費用、どんな人に向いているかについて調べてみました。仕事の幅を広げたい人や極めたい人はぜひご覧ください。

こんな人におすすめ

・子供の食事のマナーが悪いので改善したい
・医療関係に勤めており、食事を通しての患者さんへのケアを充実させたい

食育インストラクターの資格について見る

フードコーディネーター

食の知識をはじめ、マーケティングやマネジメントにも関わるフードコーディネーター。テレビや雑誌での仕事で活躍する人なら持っておきたい資格です。フードコーディネーターの資格内容から費用まで、資格取得に必要な情報を集めてみました。

こんな人におすすめ

・飲食店のメニュー開発をしたい
・料理の盛り付けの見せ方を良くしたい

フードコーディネーターの資格について見る

フードアナリスト

フードアナリストは、食のサービス提供に関して分析・改善提案ができる能力があることを証明してくれる資格です。歴史ある食文化を重んじつつ、新しい提案ができたら就職・転職活動を有利に進めることができるでしょう。そんなフードアナリストの資格取得についてご紹介します。

こんな人におすすめ

・食のトレンドを知って、レストランの格付けをしたい
・レストランのミステリーショッパーとして活動したい

フードアナリストの資格について見る

薬膳コーディネーター

薬膳コーディネーターは美容や健康など、生き生きとした体作りを目的とした食事をサポートする知識を持っていると証明する資格です。医療・福祉関係の仕事に就いている人や家族の健康を大事にしたい人におすすめ。資格の内容から費用まで、薬膳コーディネーターの資格取得についてご紹介します。

こんな人におすすめ

・美容効果のある薬膳の知識を得て、自分の体の内側から綺麗になりたい
・薬膳の教室を開いて、多くの人に薬膳を伝えたい

薬膳コーディネーターの資格について見る

幼児食インストラクター

幼児食インストラクターは、一般財団法人 日本能力開発推進協会が認定する民間資格です。幼児食の基礎知識をはじめ、幼児期の食事、栄養と代謝、病気のときの食事、食物アレルギーなどの知識を身に付け、健全かつ楽しい幼児食を作るための料理教室の開催や、ブログ・SNSを通じた情報発信、幼児を抱えるママたちへのアドバイスなど、幼児食のプロフェッショナルとして多方面で活躍することができます。そんな幼児食インストラクターの特徴や資格要件、費用、認定団体などについて紹介しています。

こんな人におすすめ

幼児食インストラクターの資格について見る

アレルギー対応食アドバイザー

アレルギー対応食アドバイザーは、日本能力開発推進協会(JADP)認定の民間資格になります。食物アレルギーを引き起こす食材や症状、代替食品に関する知識、栄養、美味しく調理する方法について習得可能で、資格取得後は、アレルギー対応食についてプロの立場からアドバイスするなど、独立・開業の道も拓かれています。資格概要や要件、メリット、費用、認定団体など詳細を知りたい方はチェックしてみてください。

こんな人におすすめ

アレルギー対応食アドバイザーの資格について見る

食育栄養インストラクター

食育栄養インストラクターは、プロフェッショナルな管理栄養士・栄養士の育成を目的に設置された食育関連資格です。全国栄養士養成専門学校協議会によって認定され、同協議会指定の養成施設にて「食育栄養インストラクター資格認定に必要な授業科目」を受講することによって、資格要件を満たすことができます。資格取得後は正しい知識に基づいた食育指導、健全な食生活を実践できるほか、管理栄養士・栄養士の補助資格として活用しながら、活躍の場を広げることができます。資格取得方法や費用、学習範囲、資格概要について詳しく紹介していますので、興味のある方はご覧になってください。

こんな人におすすめ

食育栄養インストラクターの資格について見る

食育スペシャリスト

食育スペシャリストは、NPO法人みんなの食育が認定している民間資格で、食育の正しい知識とスキルを身に付けることができます。講座受講後に試験を受けて資格を取得するシンプルな仕組みで、食育を学んだことがない初心者でもチャレンジ可能です。資格取得後は、正しい食育の実践と知識やスキルの伝授が可能になるほか、フードアナリストとして食の情報を発信したり、メニュー開発に携わったり、講師になったり、各種料理教室を開いたり、活躍の場は無限に広がっています。そんな食育スペシャリストの詳細を解説しています。

こんな人におすすめ

食育スペシャリストの資格について見る

食育指導士

食育指導士は、NPO法人日本食育協会が認定している民間資格です。「食と健康」に関する正しい知識を持ち、老若男女を問わず食育指導ができる人材であることを認める資格でもあります。資格取得後は、食育の指導・普及活動に力を入れたり、保育士・保育栄養士としてのキャリアアップに活かすことができます。食育指導士の概要と特徴、メリット、受験資格、費用などについても詳しく解説していますので、気になる方はぜひご覧ください。

こんな人におすすめ

食育指導士の資格について見る

幼児食アドバイザー

幼児食の基礎知識から、食物アレルギー、幼児に多い病気、消化によい食べ物など、幼児食全般の知識と心得を習得できる「幼児食アドバイザー」。子供の食事に悩んでいる方や、幼児食に関わる職場でプロのアドバイザーとして活躍したい方向けに、資格の概要と特徴、費用、学習範囲、認定団体について詳しく紹介しています。大事なポイントをまとめていますので、受講前にぜひチェックしてみてください。

こんな人におすすめ

幼児食アドバイザーの資格について見る

健康食アドバイザー

今や活習慣病は我々にとって無視できないものになってきました。生活習慣病の三大柱である「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」について、具体的な食事療法の指導ができる健康食の専門的な資格です。概要やメリットなどの詳細を説明しています。

こんな人におすすめ

健康食アドバイザーの資格について見る

糖質OFFアドバイザー

栄養科学に基づいた正しい知識を持ち、一人ひとりの目的や状態にあわせた食材の選び方や調理方法、糖質制限の指導を行う専門的な資格です。健康相談やダイエットなど、さまざまな悩みをサポートすることもできます。

こんな人におすすめ

糖質OFFアドバイザーの資格について見る

雑穀マイスター

健康食であり、白米に代わる主食として注目を集めている「雑穀」について、専門的な知識や料理方法を取得できる資格です。ダイエット、体質改善、免疫力アップなど多くの魅力がある雑穀を日常の食事にどう美味しく取り入れるか実践力も得られます。

こんな人におすすめ

雑穀マイスターの資格について見る

マクロビオティックセラピスト

手軽に食べられるファーストフードやインスタント食品などで、現代人の食生活は大きく乱れてしまいました。玄米や野菜を中心とした日本古来の食生活(マクロビオティック)の良さが見直されています。マクロビオティックセラピストは、その健康的な食事・食材の知識や実践力を伝えられる資格です。

こんな人におすすめ

マクロビオティックセラピストの資格について見る

価格と期間で選んだ
食育資格のおすすめ
スクールランキング

1

資格のキャリカレ

公式HPを見る

食育アドバイザー資格取得講座

金額
38,880
受講期間
3ヶ月
サポート期間
700

2

ユーキャン

公式HPを見る

食生活アドバイザー合格指導講座

金額
39,000
受講期間
4ヶ月
サポート期間
365

3

がくぶん

公式HPを見る

食育インストラクター養成講座

金額
39,900
受講期間
6ヶ月
サポート期間
365
食育にかんする資格が取れる!おすすめ講座ガイド

食育アドバイザーのキホン知識

食育アドバイザー資格の活用方法

食育にかんする資格の種類まとめ

食育資格の通信講座一覧

知っておきたいマメ知識

食育アドバイザーになるためのおすすめスクールランキング_CHECK

Copyright (C)食育にかんする資格が取れる!おすすめ講座ガイド All Rights Reserved.